雪野原県

提供: 電車君サーバーWiki
移動先: 案内検索
ゆきのはらけん
雪野原県
地方 雪野原大陸
団体コード 0100
面積 テンプレート:自治体面積/雪野原県km²
テンプレート:自治体面積/境界未定
総人口 テンプレート:自治体人口/雪野原県
テンプレート:自治体人口/雪野原県テンプレート:自治体人口/雪野原県
人口密度 テンプレート:日本の市/round人/km²
隣接都道府県 中央都 (海上を隔てて隣接) 、青海県 (海上を隔てて隣接)
雪野原県庁
知事 零阪麻琴(LoopLine201)
所在地 雪野原県雪野原市中央区
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

雪野原県(ゆきのはらけん)は、居住区ワールド中央都の北西方に位置する。県庁所在地は雪野原市

概要[編集]

電鯖で唯一のキノコバイオームで構成された茸島地区、都心機能を担う東島地区、ベッドタウンとなる氷川,北上,氷ヶ池路地区、その他のいくつかの地区で成り立っている。電鯖では珍しく地下鉄が走っている。

過密化が深刻な中央都のベッドタウンとなるため、宅地開発・交通網整備がなされている。

県内の各区では、電鯖で唯一地区長制を実施している。これには県知事が「区の中で区が重点的に開発する地域に地区を制定して、その地区を独自のリーダーにより十人十色の発展を目指している。」と説明している。

歴史[編集]

地域・気象[編集]

地域区分[編集]

県下には、1市がある。<!==県の総人口は人。==>

県の最西端には茸島(キノコ島)がある。

他県とは1kmに及ぶ海峡で隔てられており、鉄道・船を使わない限り他県からの渡航は不可能に近い。

中央区と西区の行政境界はx-1870。中央区と茸島区の行政境界はx-730。中央都との行政境界は決まっていない。青海県との行政境界はz-1055。

基本的には、道路を土地境界としている。また、一部主要道は制度上では区界になるが、実例はない。

中央区と西区の行政境界付近には大きな崖があり、雪野原県では「角崖」(かくのがけ)と呼んでいる。

西区には樹氷がある。

雪野原県内には先住民がいたと考えられているが、現在は遺跡を残すのみで、先住民は確認されていない。

気象[編集]

県内のほぼ全域が雪原バイオームのため、沖合を除き通年雪のみ降る。(雨は降らない)

また、あまりの寒さに近海は凍ってしまうため、港を使わない限り沖合漁業はおろか船の運航は不可能に近い。

経済・産業[編集]

県内に本社を置く主な企業[編集]

雪野原市

生活・交通[編集]

交通[編集]

道路[編集]

県道
主要道
  • 並木通り

鉄道[編集]

港・フェリー[編集]

工業港

観光[編集]

関連項目[編集]

テンプレート:電鯖の都県 テンプレート:雪野原県の自治体